FC2ブログ

らっかせいブログ -北海道・十勝の会計士-

①公認会計士・税理士・FP ②読書日記 ③北海道(主に道東)の観光日記  などについて書いております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業承継は大変だ~

kaikeishi1.gif
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑   ↑  ↑  ↑  
いつも応援本当にありがとうございます。   
周りでは風邪が流行っています。
よろしければ1日1クリック、お願い致します!


事業承継「将来に不安」7割”(産経新聞

事業承継が大切だと全国的に叫ばれるなか、大切だとはわかっていてもいざ取り掛かるのは大変です。

事業を承継する相手は、①親族②従業員③外部、の3つが考えられますが、どのケースも大変です。

それでも比較的、①の親族はやりやすいかな~と思ったりもします。
②③に比べて利害が対立しにくいし、亡くなった時に自然と相続されることがその理由です。

②従業員と③外部の場合ですと、利害が対立することが多いです。

まず、いくらで事業を引き継ぐのかが難しい。
デューデリジェンス(財産調査)で価格算定しても、それはあくまで参考。
結局はお互いの交渉で決まるので、モメやすいところです。

前代表者が代表を降りるので退職金も支払うケースがあります。
これもいくらが妥当なのか難しい。
事業にお金がなければ当然ですが払えない。

そして前代表者が何らかの形で事業内に残るのかがポイント。
残った場合は助けて頂いたり、既存のお客様も安心でしょう。
しかし、新代表者となった方にとっては、前代表者がいないほうがいいときもあります。
それにお給料も支払わなければいけません。

そんないろいろ観点から取り組まなければいけない事業承継。
円滑に進められるよう少しでもお手伝いができればと考えています。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。