FC2ブログ

らっかせいブログ -北海道・十勝の会計士-

①公認会計士・税理士・FP ②読書日記 ③北海道(主に道東)の観光日記  などについて書いております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書日記『ウソを見破る心理学』樺亘純

kaikeishi1.gif
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑   ↑  ↑  ↑  
いつも応援本当にありがとうございます。   
最近、ランキング順位が下がり気味です。。。
ぜひ1日1クリック、お願い致します!


51N.jpg

『ウソを見破る心理学』樺亘純 日本実業出版社

★概要
身体が発するメッセージを読み取れば、相手がウソをついているか一目でわかる。
ウソには、自分を守るためのウソ、プライドを保つためのウソ、自分の利益のためのウソがある。
ココロは体に身体に表れる。
例えば、①顔の赤らみに②足の貧乏揺らしに③相手への体の向け方④手の動き⑤顔の表情⑥言葉尻など。
ホンネは顔の左側に出やすく、ウソをついているときは左目が曇る。
表情が左右非対称になっているときは意図的で社交辞令な場合が多い。
声もウソをつくときはテンポが速くなり、トーンが高くなりがちである。
ウソを見抜くには相手の心情を理解するデコーディング能力を高める必要がある。


★感想
昔、監査法人の偉いパートナーから勧められた本で、「監査に使える」内容とのことです。
粉飾決算を見抜くには相手のウソを見抜く技術も必要。
この本にはウソは身体のいろんな所に出てくると書かれてます。
監査や税務調査では相手のウソを見抜くことが必要ですが、それが相手の身体的特徴からわかればいいですね。
この本を読むだけでなく、実務で経験を積むことでウソを見抜くデコーディング能力は高まると思います。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。